「鹿児島発・食のグローバル化~日本マクドナルド(株)と鹿児島大学協働プログラム~」
食品管理技術者養成コース
 食品産業を取り巻く環境が変化し、厚生労働省では食品製造工程の高度管理と国際化を目指してHACCPを制度化し、2020年6月から施行されました。HACCP制度化に対する食品事業者が抱えている課題として、HACCPおよび品質マネジメントを理解した人材の不足が言われています。2018年に、農林水産省、日本マクドナルド株式会社、一般財団法人 日本食品マネジメント協会、三菱総合研究所、鹿児島県と協働し、食品産業の次世代を担う人材育成のため「食品管理技術者養成コース」を設立し、4期目を迎えることになりました。2020年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止としましたが、2021年度は、遠隔講義等を活用して本コースを開講します。コースには講義と実習がありますが、実習の44時間程度については、今後の社会情勢が許す限り対面方式で実施する予定です。

 本コースでは、「食品安全特論」、「食品産業監査特論」、「マクドナルドサプライチェーン品質・安全特論」、「食品加工論」、「食品産業国際規格論」の5つの科目について、計80時間の講義と実習を通して食品加工と品質・安全を体系的に学びます。特に、実習ではHACCPを含むマニュアル作成を演習しますので、HACCPの運用の要点を含めて理解しやすい内容になっています。また、受講者は鹿児島大学の教員の他、本コース既修了生と相談する機会を設けますので理解を深めることができます。

 今後は、食品に関わる全ての事業者がHACCP制度化の対象となります。本コース運営委員会は、関係者がHACCPと食品の安全に関する理解を深めるために本コースを受講することを推奨します。

※新型コロナウイルス感染対策に十分配慮した上でプログラムを実施いたします。

*プログラムの詳細は、下のバナーから募集要項をダウンロードしてご確認してください。
*プログラムに関するご質問等は、下記のお問合せ先にご連絡してください。

開講期間
2021年5月21日~10月
募集人数
20名 (定員を超える応募があった場合は書類選考を行います)
受講料等
(1)受講料148,000 円*

1) 本プログラムに係る保険料等をご負担頂く場合があります。

2) 受講開始までに別途郵送される振込用紙にて納めてください。

(2)その他

車両入構用のパスカードの購入を希望される場合は、別途実費負担となります。
(鹿児島大学交通規則に基づく審査を経て、入構証及びパスカードを発行します。)

*一旦納付された受講料はいかなる事由があってもこれを返還しません。

申請期間
2021年3月8日(月)~4月8日(木)必着
申請方法
(1)申請書類の入手方法:
募集要項及び申請書類は以下のバナーからダウンロードできます。
食品管理技術者養成コース募集要項 (第4期)pfd食品管理技術者養成コース募集要項 (第4期)word
(2)申請方法:  
郵送(簡易書留)のみといたします。(※4 月8日(木)必着です)
お問合せ
鹿児島大学大学院農林水産学研究科
「食品管理技術者養成コース」運営委員会 受付担当
〒890-0065 鹿児島市郡元1-21-24
Tel/Fax: 099-285-3558
Mail: risyu-foodsafety@agri.kagoshima-u.ac.jp
受付時間:9 時~16 時(※土日・祝祭日の受付は行いませんのでご注意ください。)